逆SEOは中傷・誹謗記事が削除できない時の次の手段として活用すべき!

Posted by fightstyle - 2015年9月15日

中傷・誹謗記事というのは特定の企業や個人を狙って行くものですが、その数は非常に多いために逆SEOという検索結果を押し下げる方法で目立たないようにすることがあります。しかし、中傷・誹謗記事については本来において発信者を特定して削除することが大前提になるのです。

逆SEOに関してはあくまでデータと表面上見つけにくいようにするだけなので、誰かが必死に検索をして行けば遅かれ早かれ見つかってしまうものです。そのため、データそのものの削除を進めていくことが非常に重要でして、逆SEOはあくまで削除がどうしても出来ないことの代替手段として活用すべきでしょう。

委託する業者が発信者の特定と被害コンテンツの削除サービスを行っていないのであれば、この業者は選ぶべき業者とはあまり言えません。これは、逆SEO自体はどんな業者でも対応が可能でだからです。また、発信者の特定や削除のサービスを提供している業者でもスムーズにそれが達成されるとは限りません。そのために、実績のある業者を選ぶことにしてください。

In:
Comments are Closed on this Post.