書いた本人が削除依頼をしてくる場合もある

Posted by fightstyle - 2015年9月2日

インターネット上には多数の掲示板が存在しているのですが、一時の怒りにまかせて誹謗中傷をしてしまったけど、現在では後悔して削除しようとしたが、自分では削除することができない掲示板も存在しています。その代表的なのが最も多く誹謗中傷が行われている2チャンネルです。
このような相談を逆SEO対策を行っている業者に相談してくる人もいるのですが、逆SEO対策を行っている業者は、弁護士と違って削除依頼を出すことはできません。しかし、何も対策ができないというわけではなく、このようなときには検索エンジンの順位を下げて、人の目に触れにくいようにすれば風評被害を防ぐことができます。
検索エンジンの順位を下げることで、誹謗中傷対策や風評被害対策が行えるので、いろいろな人が連日のように相談のメールや電話をしてくるのです。よって以前掲示板などに誹謗中傷をして後悔している人は、信頼できる逆SEO対策業者に相談してみるとよいでしょう。このような相談は弁護士相手ではできませんので、逆SEO対策業者が頼りなのです。

In:
Comments are Closed on this Post.