炎上リスクも回避してくれる 2015年8月22日

よく有名人などがSNSやブログに書き込んだ内容に批判が殺到し、炎上するというニュースを耳にすることもあるでしょうが、逆SEO対策を行ったことで炎上する場合もあります。例えばあるテレビ放送で視聴者を愚弄する発言をしたとしますが、このことが原因で誹謗中傷の書き込みが大量に行われたとしましょう。
このような誹謗中傷対策、風評被害対策を行うために逆SEOを行ったことで、全く反省していない、全く懲りていないとしてまた炎上してしまう危険性もあります。このような炎上のリスクをうまく回避してくれる業者も存在しているのですが、全ての業者がこのような対策をしてくれるわけではありません。
炎上リスクを回避するためには、事前にどのような状況になっているのかを調査する必要があるので、調査をいい加減に行う業者に依頼するのは止めましょう。しっかりと調査をして利用者に報告してくれる、どのような対策をすることで炎上のリスクを防げるのかという説明をきちんとしてくれるような業者を選ばないといけません。

逆SEO対策には一般的なSEO対策も必要になる 2015年8月12日

個人情報がいつのまにか記載されている、自分が経営する会社や商品を誹謗中傷している人がいる場合、逆SEO対策を行って風評被害対策や誹謗中傷対策を行う場合もあるでしょうが、素人ではしっかりと効果を出すのが難しくなっています。よく自分でホームページやブログを立ち上げると、自分でSEO対策をする人が多いですが、大半は失敗しています。
逆SEO対策を行うときには、ネガティブサイトの順位を下げるために、ポジティブサイトを複数作成する必要があります。このときに一般的なSEO対策を行って、ネガティブサイトの順位を下げるという作業が必要になるので、逆SEO対策を行う場合には、一般的なSEO対策も必要になるのです。
しかも複数のポジティブサイトを作成するようになるので、当然それなりの技術が必要になるため、業者でなければ厳しいと言われているのです。本来であれば誹謗中傷の書き込みを削除してしまうのが望ましいのですが、そう簡単に削除できない場合もあるので、逆SEO対策というのは必要不可欠な技術と言えるでしょう。

現在の状況を無料診断 2015年8月2日

逆SEO対策を行うためには、現在どのような状況にあるのかを診断する必要があります。また、一般的な逆SEO対策を行っている企業であれば、申し込みを行うだけで無料で診断を行ってくれるのが一般的です。よって診断が有料になっている場合や、診断を行ったからと言って無理やり契約させるような業者は信用できません。
しかし、無料診断を行う内容には制限がある場合が多いので、無制限の場合には料金が必要になる可能性があるものの、この場合には有料であっても信頼して問題ないでしょう。無料の場合には企業名や個人名などで診断してもらうことが多いのですが、やはり企業名や個人名を公開することが最も多くなっています。
中には住所や電話番号などを勝手に書き込まれて困っているという人もいるでしょうが、企業の場合には通常公開されているので特に心配はいりません。住所や電話番号は個人宅に限って診断してもらい、検索エンジンの順位を下げることで風評被害対策や誹謗中傷対策ができるのです。