2chには他人のメルアドを書き込まれるケースも多い! 2015年12月7日

個人情報を流された被害者は数多い2chですが、最近は不特定のスレッドの中にメルアドを載せられた方も意外にいらっしゃいます。多くの方はメルアドくらいと思うのでしょうが、それがプライベートのメルアドだったとすると大変問題になるでしょう。

さらに、プライベートのメルアドを知っている人間となるとそれほど多くないと言えますので、情報を流された被害者も非常にショックを隠し切れないと言えるのではないでしょうか?実際にこのプライベートなメルアドが書き込まれると、弁護士を活用して削除しなければその次の日からスパムが一気に届くようになる分けです。

プライベートのメルアドがフリーのアドレスであれば良いのですが、プライベートなものになると独自ドメインを設定していることも多いのでこれがスパムにやられてしまうと大変面倒な被害になって行くでしょう。このため、メルアドと言っても決して侮れない事情が存在していまして、メルアドによっては色んな個人情報が紐づけられているので危険性は高くなります。

2chに自分の会社のスレッドがあった 2015年10月16日

最近の2chには具体的な会社名や団体名をテーマにスレッドが立つことも多く、その中のレスには会社の評判や内部事情が記載されていることも多いでしょう。しかし、このようなスレッドの中に実際のスタッフがレスを書き込むケースもあるようで、その場合は非常に注意をしなければなりません。

書き込んだレスによっては社員であれば書き込んだのが一体誰なのかを特定できるケースもあって、そのことで脅迫に発展するケースもあるので極力書き込みをするべきでは無いでしょう。

仮に、このようなケースを弁護士に依頼して削除してもらおうとしても、既に会社関係者にバレている場合は何の効果も持ちません。また、個人の場合は削除できるとしても費用的には受入れられない費用になることもあるのです。

基本的な対策としては、会社関係者が自分の会社に関するスレッドを見つけたとしても無視する若しくは閲覧だけに留めなければなりません。ネット上での書き込みは慎重に行うことが求められます。

2chで良くレスに挿入されるタレント時代の映像!引退した一般人になった人には削除されず苦痛にも! 2015年9月26日

2chと言うのは一般人に関する個人情報がかなり露出するような危険性の高い掲示板になっていますが、現在ちょっと宜しくない状況が起きるようになっています。それが、タレントなどの有名人が一定の芸能活動をした後に引退するようなケースです。この場合、芸能活動によっては性的でセクシーなものもあるでしょう。

かつてはセクシー系のタレントで今では一般のタレントと言うケースであれば良いですが、現在完全に一般人と言う立場ですとプライバシーの侵害になる場合もあるでしょう。一部の元タレントは芸能活動したことを後悔するケースもあって、現在は一般人として結婚などをしている場合も多いので過去の過激な画像・映像などが流されますと非常にまずいことになる分けです。

このような場合は、弁護士を通じで削除を申請しようとしても、一般人のケースよりもプライバシーの扱いが難しくなるでしょう。なぜなら、これらの一般人は一度有名になったことがあるからになります。

逆SEOは中傷・誹謗記事が削除できない時の次の手段として活用すべき! 2015年9月15日

中傷・誹謗記事というのは特定の企業や個人を狙って行くものですが、その数は非常に多いために逆SEOという検索結果を押し下げる方法で目立たないようにすることがあります。しかし、中傷・誹謗記事については本来において発信者を特定して削除することが大前提になるのです。

逆SEOに関してはあくまでデータと表面上見つけにくいようにするだけなので、誰かが必死に検索をして行けば遅かれ早かれ見つかってしまうものです。そのため、データそのものの削除を進めていくことが非常に重要でして、逆SEOはあくまで削除がどうしても出来ないことの代替手段として活用すべきでしょう。

委託する業者が発信者の特定と被害コンテンツの削除サービスを行っていないのであれば、この業者は選ぶべき業者とはあまり言えません。これは、逆SEO自体はどんな業者でも対応が可能でだからです。また、発信者の特定や削除のサービスを提供している業者でもスムーズにそれが達成されるとは限りません。そのために、実績のある業者を選ぶことにしてください。

逆SEOで中傷・誹謗サイトの駆逐について、地域コミュニティだと非常に面倒! 2015年9月8日

ネットで氾濫している中傷や誹謗のコンテンツを持ったウェブサイトは、個人や企業に関係なく非常に大きな脅威となっています。通常は専門の業者が逆SEOを行うことでネット上にてカムフラージュしてくれることもあるようですが、そのウェブサイト自体が地域のコミュニティだった場合は個人名などが出るとすぐに特定さえやすくなります。

ある程度全国的なサイトであれば全国の不特定多数のネットユーザーが見ることになりますが、地域に特化した非常に狭いコミュニティになると個人特定が大変素早くなるのが特徴です。そのため、プライベートの侵害などの弊害がすぐに出やすい傾向にあるでしょう。

ただ、地域に特化した独自のコミュ二ティだと中傷・誹謗の記事レベルに応じて管理者が削除してくれる場合もあります。それでも、弁護士を雇うなどしないと解決に至らないケースもあるでしょうし、これはまさに迅速にすべきプライバシー侵害案件であることは間違いないのです。

秘密を守れる業者を選ぶ 2015年9月7日

逆SEO対策を行っている業者を選ぶときに最も重要なことは技術ではありません。技術がなかったら逆SEO対策を行えないだろという意見もあるでしょうが、技術以上に大切なことがあるのです。それは秘密をきちんと守れるか、外に漏らさないような対策ができるのかという点を最も重要視しなければいけません。
風評被害対策や誹謗中傷対策を行う場合には、企業の情報や個人の情報をある程度教える必要があります。その秘密を漏らしてしまうようでは話になりませんし、情報漏洩は近年大問題になっているのです。しっかりと秘密を守れる、秘密を漏洩させない対策ができている企業というのは、大半は技術も伴っています。
もちろん逆SEO対策を行っても効果が全くないというのでは困りますが、それ以上に秘密をきちんと守れるのかという点が重要です。中には機密保守契約書を交わすことができる業者もあるので、このような業者に依頼すると、逆SEO対策が成功する可能性も高いと言えるでしょう。秘密厳守は何よりも優先するべきなのです。

成功報酬型の業者に依頼する 2015年9月6日

逆SEO対策を行っている業者の多くは成功報酬となっているので、効果が出てから料金を支払うシステムになっています。しかし、中には事前に報酬を支払ってほしいと言われる場合や、何の説明もなしに契約させようとする業者もあるので、必ず料金について説明があり、効果が出てから報酬を支払うシステムになっているか確認しましょう。

効果が出ないのに報酬を支払うような場合には信用できませんし、逆SEO対策というのはかなりの技術がいるので、100パーセント確実に成功するというわけではありません。どんなに技術力が高い人が在籍していても、大体成功率は95パーセントぐらいです。

よって成果が出てから報酬を支払うようにしないと、風評被害対策や誹謗中傷対策が全くできていないのにお金だけ支払うようになってしまいます。よって自分の個人情報が流出している、個人名で誹謗中傷されている、会社名で誹謗中傷されているという場合には、まず削除依頼ができるかを確かめ、無理ならば逆SEO対策を行っている業者を調べて依頼するようになります。

関連検索ワード削除による誹謗中傷

特に最近流行しているのが、関連検索ワード(Yahoo虫眼鏡、Googleサジェスト)をつかった誹謗中傷です。これによって、ブラックや詐欺といったネガティブワードが表示されて困っているお客様は多数おります。

Yahoo関連検索ワード削除活用すると、成果報酬型で、安心誹謗中傷対策が行えます。

成果報酬型は、ユーザーにも、出来たものに対して支払うので、納得もいきやすいでしょう。

最適な対策を提案 2015年9月5日

逆SEO対策を行う場合には、現段階で最も有効的な方法で行わなければいけないので、事前調査を念入りに行ってから提案をします。逆SEO対策の方法は何種類もあるのですが、なぜこのような対策が最も有効的なのかという点までしっかりと解説してくれる業者が安心できるでしょう。
ただし、ある程度の知識がなければ理解できないという人も多いのですが、そのような人でも理解できるように解説できる業者が信頼できますし、技術面でも安心して任せられる業者と言えるでしょう。その時の状況に応じた対策を行わないと、十分な誹謗中傷対策や風評被害再作ができない場合もありますし、効果があまり出ないという事態になる可能性もあるのです。
だからこそ念入りに調査を行い、どのような方法が最適なのかを判断してから実行に移さなければいけないのですが、企業の場合にはポジティブサイトを大量に作ってネガティブサイトの順位を下げるという方法を用いることになるでしょう。個人の場合でも同様の方法を用いることがあります。

多くの人は検索エンジンを利用する 2015年9月4日

逆SEO対策というのは検索エンジンの順位を下げる対策なのですが、大半の人は情報を探すときに検索エンジンを利用します。検索エンジンというのはキーワードを入力することで情報を探すことができるのですが、インターネット上で誹謗中傷が行われると、自分の個人名や自分が経営している会社名で検索したときにも表示されてしまうので、風評被害が広まってしまいます。
特に日本人はすぐ情報に踊らされてしまう悪い癖があり、大衆の意見が正しいと思い込んでしまうので、あっという間に悪い噂が流れてしまいます。東日本大震災のときを思い返してみれば一目瞭然でしょう。このような誹謗中傷のワードが出てこないように、逆SEO対策を行って悪い噂を下位に埋もれさせてしまうことが必要なのです。
しかし、誹謗中傷対策や風評被害対策というのは素人には難しいので、信頼できる業者に依頼して行ってもらわなければいけません。信頼できる逆SEO対策を行ってくれる業者を探すときにも検索エンジンを利用するので、いかに検索エンジン対策が重要なのかがわかるでしょう。

書いた本人が削除依頼をしてくる場合もある 2015年9月2日

インターネット上には多数の掲示板が存在しているのですが、一時の怒りにまかせて誹謗中傷をしてしまったけど、現在では後悔して削除しようとしたが、自分では削除することができない掲示板も存在しています。その代表的なのが最も多く誹謗中傷が行われている2チャンネルです。
このような相談を逆SEO対策を行っている業者に相談してくる人もいるのですが、逆SEO対策を行っている業者は、弁護士と違って削除依頼を出すことはできません。しかし、何も対策ができないというわけではなく、このようなときには検索エンジンの順位を下げて、人の目に触れにくいようにすれば風評被害を防ぐことができます。
検索エンジンの順位を下げることで、誹謗中傷対策や風評被害対策が行えるので、いろいろな人が連日のように相談のメールや電話をしてくるのです。よって以前掲示板などに誹謗中傷をして後悔している人は、信頼できる逆SEO対策業者に相談してみるとよいでしょう。このような相談は弁護士相手ではできませんので、逆SEO対策業者が頼りなのです。